OPEN

社会への取り組み

安全・品質・環境への
基本的な考え方

安全への取り組み

ホンダロジスティクスでは、『社会の発展に寄与する不断の研究と努力を惜しまないこと』の運営方針から、常に安全で高品質・高効率なロジスティクスを実現するため、日々安全、交通事故防止活動に取り組んでいます。

日常管理はもちろん、全従業員対象の安全推進活動を通じ企業の安全活動、地域社会の安全活動にも積極的に参加していきます。

救命法の推進活動

安全な職場環境をつくり、お客様及び従業員の安全を確保する為、AEDを国内主要拠点に設置しています。
AEDの正しい使用方法や人命救助、救急法の重要性を幅広く周知するとともに、緊急事態においても迅速・適切に対応できるよう全従業員に「普通救命講習1」の教育を行っています。

ホンダパートナーシップ安全運転インストラクター活動(HPI)

Hondaは安全運転普及活動の一環として、関連企業内の交通安全指導者「Hondaパートナーシップインストラクター(以下、HPI)」の養成をサポートしています。HPIは自社内及び事業所周辺地域における交通安全教育の普及に取り組んでおり、親子交通安全教室などを開催しています。

ホンダロジスティクスはHPIの育成に取り組み、HPIに認定された従業員が各地域で開催される親子交通安全教室で講師を務め、Hondaが進める「人から人への手渡しの安全」活動に参加しています。

交通教育機器を用いた活動

Honda動画KYT

Honda動画KYT

教育風景

教育風景

従業員への交通安全教育の一環として、Honda動画KYT(※1)とHondaセーフティナビ(※2)を活用し、交通事故未然防止に努めています。

※1 運転者の危険感受性を高める動画を用いた危険予測教育機器
※2 安全運転とエコドライブの学習、運転能力の評価が行える機器

Hondaセーフティナビ

Honda動画KYT

教育風景

教育風景

津波避難訓練

海上輸送の拠点となる各港の従業員は、地震等により津波が発生した場合に備え、人命最優先で被害を最小限に留める為、パートナー会社と合同で避難訓練を実施し、安全確保に取り組んでいます。

TOP