OPEN

社会への取り組み

健康経営への取り組み

健康経営宣言

当社はHonda創業からの「人間尊重」を基本理念とし、自立・平等・信頼を柱に、最も大切な財産である社員一人ひとりを尊重しています。 社員の健康は、ホンダロジスティクス発展の基盤であり、本人とその家族の生涯にわたる幸福にとって必須であると考えます。
ホンダロジスティクスは、社員が健康で働く喜びを感じることができるような安全で明るい職場環境づくりを目指し、ホンダ健康保険組合と共に社員の健康維持、増進に取り組んでいくことを宣言します。

2019年8月
株式会社ホンダロジスティクス
代表取締役社長 藤田泰彦

健康経営優良法人認定の取得

「健康経営優良法人認定制度」とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
ホンダロジスティクスは2020年3月、健康経営優良法人に認定されました。

健康課題と施策

ホンダロジスティクスでは、社員の生活習慣病予防を課題と捉え、以下の施策に取り組みます。

1.生活習慣病対策
生活習慣病の怖さと予防する生活習慣を周知し、社員一人ひとりのヘルスリテラシーの向上に努めます。
〇 生活習慣病の予防教育
〇 体力診断の実施
2.健康管理の強化
定期健康診断の受診項目の充実を図り、社員が健康で働き続けることができる社内風土を作ります。また、社員の健康状態の把握と二次検査対象者の受診を強力に推進します。
〇 特定保健指導対象者への面談推進
〇 定期健康診断 二次検査対象者への受診推進
3.啓発活動の展開
健康の重要性を周知するとともに健康増進への動機付けを行い、社員の意識の向上を図ります。
〇 メンタルヘルスケア教育の実施
〇 女性の健康課題への理解
4.労働環境の整備
長時間労働の防止をはじめとした労働環境を整備していきます。
〇 一般社員(担当職、主任・係長職)の有給休暇取得率 100%の継続
〇 長時間労働防止及び労働時間管理の徹底
〇 ワークライフバランスの推進
〇 福利厚生制度の充実
〇 受動喫煙防止対策

推進体制

社長のリーダーシップの下、健康経営担当役員、社内担当部署と各事業所・事業部が主体的に関与・相互連携を図りながら健康経営を進めていきます。

TOP