OPEN

物流サービス物流機器

試験機
ご利用案内

試験機利用により、テスト輸送で発生するCO2削減にも貢献します。
テスト輸送による品質確認を各種試験機で行うことにより開発時間を短縮し、お客様にスピーディーに製品をご提供します。
貴社製品の試験機利用も承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

振動試験機

当社の振動試験設備は、包装貨物が輸送中に受ける衝撃や振動に対してどの程度耐えられるかを輸送環境データレコード※に基づき、より現実に近い三方向同時振動試験を行います。
※輸送環境データレコードとは、実車テスト走行データを意味します。

三方向同時振動試験機
三方向同時振動試験装置 振動方向 垂直(上下)、水平(前後)、水平(左右)
試供品重量 最大2,000kg
振動盤サイズ 1,600mm×2,400mm
振幅 ±50mm
最大加速度 2.0G
振動範囲 3~100Hz
振動波形 正弦波、ランダム波、実波形再現

圧縮試験機

包装容器が倉庫、車両、貨車等で下積みになったときどこまで耐えられるかを評価する試験機で、容器がつぶれるまでの最大荷重を求められます、又専用治具を取り付けることにより引っ張り試験も行います。

圧縮試験装置
最大荷重 200KN
荷重レンジ 200,100,40,20,10,4kN(6段階自動上位切替)
圧縮盤サイズ 2,600mm×2,000mm

傾斜衝撃試験機

包装容器が貨物の荷役作業及び列車連結時等での衝撃にどこまで、容器が耐えられるかのテストを行います。

傾斜衝撃試験装置
傾斜台サイズ 2,300mm×2,300mm
試供品重量 最大1,800kg
傾斜角度 10°
台車滑走距離 最大5,600mm

試験機設置場所

三重県鈴鹿市国府町7658-17

お問い合わせ

TEL

電話でのお問い合わせ

営業部 TEL :03-5357-1044

TOP