社会への取り組み

Top > 社会への取り組み > 安全への取り組み

各種お問い合わせ

物流サービス・物流機器・採用・
その他お問い合わせ

お問い合わせはこちら

安全への取り組み

ホンダロジスティクスでは、『社会の発展に寄与する不断の研究と努力を惜しまないこと』の運営方針から、常に安全で高品質・高効率なロジスティクスを実現するため、日々安全、交通事故防止活動に取り組んでいます。

日常管理はもちろん、全従業員対象の安全推進活動を通じ企業の安全活動、地域社会の安全活動にも積極的に参加していきます。

救命法の推進活動

人命最優先の企業理念のもと、安全な職場環境づくり、従業員安全確保を目的にAEDを国内主要拠点に配備、導入しています。
また、AEDの正しい使用方法と人命、救急法の重要性を幅広く周知させ、もしもの時に社内外で応急手当が行えることを目的として、全従業員に「普通救命講習1」の教育を行っています。

ホンダパートナーシップ安全運転インストラクター活動(HPI)

SAFETY-JAPAN

Hondaのホンダ安全運転普及本部では、安全運転を社内外で普及することを目的として、ホンダパートナーシップ安全運転インストラクター(以下HPI)の養成とHPIによる普及活動に力を入れています。

ホンダロジスティクスでは、その取り組みに沿って、HPIの養成への参加と各地域におけるホンダ安全運転普及本部の取り組みに参画することで、『ホンダロジスティクス従業員』『ホンダロジスティクス従業員の家族』『近隣地域住民』の方へ『安全の手渡し』活動を進めています。

交通教育機器を用いた活動

交通安全活動の一環として、Honda動画KYT(実際の交通状況を再現した動画を見ながら危険を予測し、結果を受講者同士が振り返って議論することで安全を学ぶ教育機器)とHondaセーフティナビ(エコナビ、運転反応検査等)を活用し、交通事故未然防止活動に努めています。

フォークリフト労働災害防止活動

フォークリフトに起因する労働災害の撲滅を目的として、全社で制限速度を5km/h以上でないようにハード面で制限をかけています。

津波避難訓練

各港における津波発生時の人命最優先の観点より、パートナー会社と合同避難訓練を行い、全従業員が救助、避難の知識を学び、地域貢献を目指します。
※苫小牧、仙台、習志野、名古屋、四日市、広島、福岡、宮崎

ページのトップへ