採用情報

Top > 採用情報 > Q&A

各種お問い合わせ

物流サービス・物流機器・採用・
その他お問い合わせ

お問い合わせはこちら

Q&A

採用に関するQ&A

1.求める人物像について

  • 求める人物像を教えてください。
  • 新たな視点で自由な発想ができる人、積極的で行動力がある人、コミュニケーション力がある人をはじめ、いろいろな個性や才能、経験、知識を持った皆さんとお会いしたいと考えています。
    当社では、一人ひとりが活き活きと仕事をすることが、企業の力になると考えています。
ページのトップへ

2.勤務地関連について

  • 配属先・勤務地はどのように決定されますか。
  • 配属先は、適材適所の考え方のもと、会社のニーズと皆さんの能力・適性などを考慮した上で決定します。
    入社後の勤務地は、おおむね各事業所(栃木、埼玉、静岡、三重、熊本)となります。
    なお、当社には、いわゆる勤務地限定制度や定期異動などはありません。
ページのトップへ
  • 社宅や寮は完備されていますか。
  • 会社の規定に照らし合わせたなかで、自宅から勤務地に通えない場合は、会社が手配した、一般賃貸物件に、割安で入居できる社宅制度があります。
    また、三重県鈴鹿市には、独身寮を完備しています。
ページのトップへ

3.研修関連について

  • 研修制度について教えてください。
  • 階層別研修、外部研修、通信教育など幅広い教育体系を確立しています。

    日々の仕事においては、OJTを実施しています。
    また、QCサークル活動を活発に推進しており、リーダーシップや問題解決力・課題達成力の育成にも力を入れています。
    個人の能力は、定期的な面談や人事情報システムにより、適性な把握を行っています。
ページのトップへ
  • 新入社員研修について教えてください。
  • まずは入社後、1週間の合同研修にて、社会人としてのマナーや社内のルールなど、基本的なことを身につけていただきます。その後、配属先・勤務地各所での現場実習を予定しています。
ページのトップへ

4.海外関連について

  • 海外駐在希望者制度について教えてください。
  • 若手語学堪能者を対象とし、海外で早期に戦力となる人材を育成する制度です。希望者を公募し、一定の基準を満たした者を登録者として認定します。
ページのトップへ
  • 海外トレーニー制度について教えてください。
  • 一定の語学力、異文化理解、コミュニケーション力を有する若手従業員を対象とし、将来、海外のトップマネジメントとして活躍できる人材を育成する制度です。現地トレーナーの元で研修を行うトレーニー制度や海外出張者支援者に若手を同行させる短期研修制度など、育成目的に応じた柔軟な期間設定により、海外人材の育成機会を創出しています。
ページのトップへ
  • HLIの海外展開を教えてください。
  • 現在、北米・欧州・南米・アジアに27法人を設立しています。Hondaはグローバル調達戦略のもと、全世界で生産・販売活動を展開しており、今後も海外事業の重要性はますます高まっていきます。当社もHondaの世界戦略の展開に積極的に貢献するべく、グローバルな成長を目指しています。
ページのトップへ
  • 海外駐在について教えてください。
  • 2017年3月現在、全世界の駐在者数は76名です。 現地法人のマネジメント、物流企画、業務指導などに携わり、活躍しています。 駐在員への期待は大きく3つです。

    ・Hondaの戦略や事業計画、プロジェクトを現地特性に合わせ、実践して示す事。
    ・現地アソシエイトと共に職務遂行し、現地での後継者を育てる事。
    ・Hondaフィロソフィーを自ら実践行動し伝承する事。

    駐在員は求められるものへの変化を常に意識し、現地法人の事業展開に貢献しています。
ページのトップへ

5.評価制度について

  • 個人の能力(知識や技能)がどのように評価されるのか教えてください。
  • 当社では専門職制度を導入しています。これは「専門性重視の制度」で、一人ひとりの高い専門性を評価し、専門職として認定を行います。部長・課長・係長といった役職は、組織の必要性に応じて専門職の中から任命します。また、客観的な基準として、広く社会に通用する公的資格の取得を要件の一つとしています。
ページのトップへ
  • 仕事の評価はどのようにされるでしょうか。
  • まず、期の初めに上司との面談で自分の役割や目標を設定します。半年後の面談で、本人が目標達成に向けた仕事を進め方・成果を上司と確認し、それを上司が評価します。評価結果と理由は本人にフィードバックし、次の仕事につなげるようにします。
ページのトップへ

6.休日・休暇・余暇について

  • 休日、休暇について教えてください。
  • 週休2日制で、5月、8月、年末年始にそれぞれ8〜10日間の連休があり、年間休日は121日です。有給休暇は前年繰越分を含めて最大40日まで取得することができます。
    また、連続有休取得制度を利用すると、平日5日間連続して有休を取得でき、前後の土日を合わせると最長で9日間の休暇を取得できます。
    このほか、慶弔(結婚・出産・不幸など)の際に、特別休暇を取得できます。
ページのトップへ
  • 有休は取得しやすい環境ですか。
  • 当社では有休取得100%を推進しています。
    会社の取り組みと従業員の計画的な進めのもと、これまで8年連続で有休取得100%を達成しています。※2016年3月現在
ページのトップへ
  • 結婚・出産しても働き続けることはできますか?
  • 産前産後休暇はもちろんのこと、育児休職も取得しやすい環境にあります。取得者のほぼ100%が、職場復帰をされ、短時間勤務制度を活用しながら、仕事と育児の両立をしています。
    また、やむを得ず育児などにより会社を辞めることになった場合でも、再度会社に復帰できる制度も備えています。
ページのトップへ
  • 余暇活動について教えてください。/社内にレク活動などはありますか。
  • 社内では悠友会という親睦組織があり、各拠点ごとに従業員が自主的にレクレーション活動を運営し、行事を活発に行っています。また、スポーツの同好会として、野球やサッカーなどのクラブ活動も行っています。
ページのトップへ
  • 残業や休日出勤はありますか。
  • 職場の特性や時期により異なる為、一概には言えませんが、2015年度の残業時間平均は月当たり15.0時間でした。
    また、本社領域以外の拠点では金曜日は定時退社日として設定しています。
ページのトップへ