採用情報

Top > 採用情報 > 社員紹介

各種お問い合わせ

物流サービス・物流機器・採用・
その他お問い合わせ

お問い合わせはこちら

社員紹介

社員紹介画像
2007年入社 OSL(アメリカ)
国際言語学部 卒業

これが私の仕事

アメリカインディアナ州の工場内での部品納入業務の業務管理
社員紹介画像

現場では、日々様々な変化が起こります。現地の従業員に指示をしながら、自ら指揮をとって、課題をクリアしていくことに面白みを感じています。

自分の指示が、何十人もの現場作業者に影響するため、実際に現場で起きていることを確実に把握しておくことが必要です。業務知識はまだまだ足りませんが、現地の従業員に確認しながら、自分としてどうしていきたいかという考えを常に持つことが重要だと実感しています。

私は日本でいくつかの部署で業務経験した後、アメリカへ駐在となりました。日本で経験したことが、今の業務に活きていると感じています。自分の中で得意な分野が1つでもあれば海外でも通用すると思います。自分の強みを日々の業務で磨いていけるような努力が大事だと思います。

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

部品受け入れ工程で、自分の企画が現場に活かされたこと
社員紹介画像

自分が企画した内容で業務改善を図れた時に、達成感を感じました。業務改善活動を推進していた時に、マネージャー達から了解を得て、新しいルールで進めることになったのですが、現場作業者は、新しいルールで進めてくれませんでした。

そこで、現場のリーダーを全員集めて内容を改めて説明すると、内容に対する質問や議論が起こり、更に精度の高い内容にすることができました。現場を直接管理する人に内容を確実に理解してもらい、納得して進める重要性を実感しました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

世界中に拠点があり、大好きな自動車に携われること

グローバルに活躍できることと、自動車に携われることが、私がホンダロジスティクスを選んだ決め手です。当時は海外で働くことに憧れをもっていました。改めて振り返ってみると漠然とした理由だったな、と思いますが日本ではできない仕事が海外では間違いなくできます。

色々なことにチャレンジしてみたい、海外の人と一緒に仕事をしてみたいという情熱があれば、活躍できるフィールドはたくさんあると思います。また、入社後は定期的な研修など育成プログラムもあり、「人」を大事にする会社だと思います。

目指す姿

マネジメントのスキルを磨いていきたいです。今までは、自分が担当として業務を直接推進してきましたが、現在はマネージャーという重要なポジションにいます。部下や関連部署と調整しながら、立てた目標を達成するために、どう人を配置してどのような計画で進めていくかという戦略を立てて実行していくことが求められています。その為の方法論や、リーダーシップなどを習得して、確実な成果が出せるマネージャーになりたいと思っています。

日々の業務に追われることも多いですが、定期的に現在の状態を把握して、今やるべきこと、将来的にやるべきことを整理して業務を遂行できるように心がけたいと思っています。

これまでのキャリア

部品納入代行(4年間)→事業管理(4年間)→品質管理(1年間)→アメリカ駐在(現職・2年目)

社員紹介画像
ページのトップへ
社員紹介画像
2016年入社 三重事業所 組立課
総合政策学部卒業

これが私の仕事

四輪タイヤ小組業務の生産管理と品質保証体制の構築
社員紹介画像

私の仕事は、各部品メーカーからお預かりしたタイヤやホイール、その他付属部品をホンダロジスティクスの組立ラインにて1つに組付け、「走れる状態のタイヤ」として不具合なく、安定的にHondaへ納入することです。

タイヤは重要保安部品と呼ばれ、不具合が発生した場合には市場を巻き込む規模でのトラブルになってしまいます。そのため、不具合品を発生・流出させないためのルール改定を日々PDCAを回しながら行っています。改定後も定期的に検証し、生きたルールとして運用していくことで、常に確からしさのある品質保証体制になるよう努めています。気づきが非常に大切な業務で苦労することも多いですが、全員で仕事を進めていく一体感にやりがいを感じています。

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

小さな気づきが大きな成果!そう実感できた改善活動
社員紹介画像

入社1年目の現場研修の際に、メーカーから搬入された部品の品質を保つための包装を行う工程を担当することになりました。まずは現場でどのような作業があるのかを経験し、手順内で「ムリ・ムダ・ムラ」が発生してないか調査しました。すると、どの作業者も資材準備の移動に一番時間を要していることが明らかになりました。

100種類を超える資材の保管場所、使用・発注頻度、在庫数、材質、形状などを確認し、作業者全員でのワイガヤをもとに資材棚のレイアウト変更に取り組み、時間の削減をすることができました。様々な立場の人が協力し合う難しさや、気づきをカタチにできる仕事の面白さを経験できました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

充実した福利厚生と仕事の成果を感じられる制度がある!

仕事に就くからには楽しく働きたい!という想いで、職場環境も重視して就職活動をしていた私にとって、ホンダロジスティクスはとても魅力的でした。福利厚生面ではHondaグループの規模を活かした内容になっており、有休取得率100%を達成できる職場環境も整っています。

入社後は、本配属前に現場研修があり、幅広い業務を体験することができます。管理部門に配属される前に現場の実務を経験できるため、後に自分が担当する管理部門の業務を把握することにも繋がります。ホンダロジスティクスは物流企業ですが、私が担当する業務のように部品を生産するメーカーとしての機能もあり、多様な業務、働き方がある会社だと思います。

目指す姿

たくさんの引き出しがある人財になり、多面的視点から判断できるようになりたいです。物流とは管理手法が異なる部分のある組立業務は、ホンダロジスティクスの中ではやや特殊な部署です。そのため、今、自分が身につけつつある知識や経験が、別の部署に異動した際に、周囲とは異なる視点で物事を観察できるチャンスにつながると思います。

海外駐在希望者制度にも登録し、海外での業務にチャレンジする準備もしていますが、まずは国内での業務を理解したうえで海外へ行けるよう、現職の組立領域への理解を深めていきたいと思います。将来は事業企画や品質を統括する仕事をしたいという想いがあります。新たな知識を蓄えて経験を重ね、自分なりの知恵を身につけ、世界を広げていきたいです。

これまでのキャリア

現場研修(1年)→組立課(現職1年目)

社員紹介画像
ページのトップへ
2011年入社 日本事業管理室
国際学部卒業

これが私の仕事

日本事業の統括機能部門で、経理及び庶務担当
社員紹介画像

ホンダロジスティクスにおける日本事業の統括機能である部署で、部門の経理・庶務・CG(コーポレートガバナンス)管理業務を担当しています。

経理業務では、月次・年次の諸経費管理を行っており、最初、会社のお金の流れ方を把握するまでは難しいと感じることもありましたが、その分、勉強になることばかりで、毎日新鮮でやりがいを感じています。庶務業務として来客対応をする機会があり、TPOに合わせた対応と作法が必要となります。現在、担当している業務は、社会人として、女性従業員として、これからの糧になっていると思います。

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

自分が輸出に携わり、海外と繋がっていることを実感できる!
社員紹介画像

入社して3年間所属していたKD包装課は、部品を海外に発送している部署です。入社4年目の冬、アメリカで港湾ストライキが起こり部品を積んだ船が港に入れず、Hondaの工場に部品が届けられない事象が発生しました。通常は船で輸送している部品全てを、急遽、航空貨物便に切り替え発送することになりました。海上輸送から航空貨物便に切り替えるには、梱包方法や帳票類の変更、各取引先との連携など、迅速な対応が求められます。

当時、私は総務課に所属していましたが、KD包装課の応援に出向き、過去経験を活かしながら、他部門も含めたメンバーで一丸となり、緊急事態を何とか乗り切ることができました。年末には、現地の方から「1年間ありがとう!来年もよろしくね!」といった内容のメッセージをいただき、自分の仕事を通じて世界と繋がっているということを実感し、とても嬉しかったです。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

世界経済を支える物流会社で、長く働きたい

元々、物流業界に興味があり、物流企業を中心に就職活動を行っていました。就職活動を進めていく中で「物流が世界を動かし、支えている」と強く感じるようになりました。国内、海外に多くの拠点があり、グローバルな物流ネットワークを持ち、国内だけでなく世界と繋がっていることに魅力を感じ、ホンダロジスティクスを選びました。

また、福利厚生がしっかりしているところも決め手のひとつでした。育児休職を経て、現在、時短勤務制度を活用しています。まだ子供が小さく早退させていただくこともありますが、上司や先輩をはじめ、職場のバックアップがあるため、とても心強いです。

目指す姿

時短勤務という働き方のため、1日1日過ぎていくのがより早く感じます。短い勤務時間の中で、いかに効率よく業務ができるかが重要です。業務をどう組み立てていくか、その合間に何をするか等、効率アップの方法を常に考えながら日々業務を行っています。

今後、時短勤務期間が終了した際に、「時短勤務を経験したからこその効率の良さ」が自分の強みになるよう、今後も業務に取り組んでいきたいです。また、時短勤務だからと保守的にならず、チャンスがあれば積極的に新しいフィールドに挑戦していきたいと思っています。

これまでのキャリア

KD包装課(3年間)→総務課(1年間)→日本事業管理室(現職3年目)※1年間育児休職取得し復職

社員紹介画像
ページのトップへ
ページのトップへ