物流サービス

Top > 物流サービス > システム開発

各種お問い合わせ

物流サービス・物流機器・採用・
その他お問い合わせ

お問い合わせはこちら

システム開発概要

e-POP(新包装システム)

生産オーダー部品を正確な数だけ包装し、正しい送り先へお届けするためには、各工程でのチェック作業が欠かせません。ホンダロジスティクスでは、バーコードを利用した『LINS-E(Logistics Integrate Network Service Export)』を導入して、チェックの確実性と省人化に大きな効果を上げています。

 
 
計画入力
包装部品単位別の指示書のバーコードを読みとると、包装明細書(コンテンツ)が自動発行されます。
個装
単重、数量など必要な情報は、包装明細書(コンテンツ)のバーコードを通して入力されます。
内装
部品数量の過不足はエラーメッセージが知らせます。
外装
包装チェックシートの情報と、個装とを照合します。チェックシートにない個装が混じっていると、エラーメッセージが知らせます。
発送
バンニングレイアウトの情報と実ケースを照合します。ケース及び積込み順が異なっていると、エラーメッセージで知らせます。

i-TOPS(巡回集荷輸送計画立案システム)

「積載貨物を配送各車にどう割り振るか?」
「どのルートを選択すればもっとも効率的な巡回集荷・配送ができるか?」
従来ベテラン配車係の経験に頼っていたこれらのマネージメントを、i-TOPS(inbound Transport Operation Planning System)が行います。データベース化された情報から、速やかに最適な積載貨物と運行ルートを割り出します。

ページのトップへ